リフォームをお考えのあなたに

手軽にリフォーム

リフォームローンを申し込むまでの手順をまとめました。 申し込みする前に、リフォームを依頼する業者は慎重に選びましょう。 時間をかけて信頼できる会社を見つけてくださいね。 しっかり理想とするイメージのすり合わせを行い、素晴らしいリフォームにしましょう。

申し込み完了までの流れ

そろそろお家を新しくしたい。
どこかが壊れている。
そうでなくとも、何かと使いづらさや経年劣化を感じている方も多いのではないでしょうか。

家は早ければ十年もたつとリフォームが必要となります。
建物が古くなった時、新築ではなく改築。
リフォームを選ぶ方が一般的になってきました。
定年退職や子供の一人立ちを機に考えたり、ずっと使っていなかった家を相続したなんて方もいらっしゃるかもしれません。
子供部屋は身体に良い素材を使いたい。
夢だったウッドデッキ、書斎がほしい。
そんなささやかな要望を叶えていくと、存外お金がかかってしまうことも。

リフォームローンというものをご存知でしょうか。
文字通り、建物を新たに購入するのではなく、既存の建物をリフォームする際に利用するローン契約のことです。
基本的に在宅ローンは物件購入時にしか利用することができません。
では、改築時にお金が必要になったらどうするのか。
リフォームローンを利用しましょう。
リフォームローンは無担保で借り入れすることができます。
通常の住宅ローンに比べ、借入限度額が少ないかわりに、審査が簡単で素早く借りることができるんです。
一刻も早くリフォームしたい方にとって、これは大きなメリットですよね。
もちろん、大きなリフォームのための担保型も存在します。
その場合、審査が厳しくなるかわりに、より多くの金額を借り入れすることが可能です。

さて、リフォームにあたり、借り入れをご検討中の方々。

聞いたことがない。不安がある。
そんな方もわかりやすく、安心して利用できるよう、リフォームローンの手続きと流れをまとめました。

リフォームローンを組むにあたって

リフォーム業者と同じく、申し込む金融機関も自分にあったものを選びましょう。 様々な条件やサービスが展開されています。金利などは交渉次第で下げることができるかもしれません。 また、申し込みにあたって、必要とされる書類などもまとめたので参考にしてみてください。

審査の内容と控除

もし、審査で落ちてしまった場合、なぜそうなってしまったのか。 他の金融機関を探すのも一つの手ですし、原因次第では改善できることもあります。 また、審査に合格するということは、これからローンの支払いをしていくことです。 もしかしたら、返済額がお安くなる方法があるかもしれませんよ。