リフォームをお考えのあなたに

手軽にリフォーム

はじめにすべきこと

リフォームローンを組むまでの流れは、
1.リフォーム業者を決める
2.金融機関を決める
3.仮審査申し込み
4.本審査申し込み
5.契約
6.融資(決済)
となります。

まず、仮審査申し込みの際にリフォームの見積もり書が必要になります。
そのため、先にリフォーム業者を決めて、工事の見積もり書を作って貰う必要があるのですね。

次に金融機関を決めましょう。
金融機関によって金利など、違いがあるのでしっかり見極めて、自分に合ったものを選んでください。
ほとんどの方は、無担保での申し込みになるかと思います。
無担保の場合、金利が高くなり、返済までの期限が短くなるため、無理のない返済プランを立てることが重要です。
担保が必要な場合は、住宅ローンと同様の条件となります。

リフォームの見積もり

リフォームを依頼する業者を決める際には、相見積もりされることをおすすめします。
三社ほどから見積もりを取り、それぞれ比較してみてください。
一番良いリフォーム会社を選ぶことができるはずです。

手抜き工事や、悪質なリフォーム業者の被害にあわないよう、きちんと見積もり書の内容は確認しましょう。
わからない点があれば、しっかり質問して確認すべきです。

リフォーム内容は依頼したものと相違ないか、保証の確認と仮に倒産した場合の手続き、記入漏れなども細かくチェックしましょう。
特に支払い条件が一括前払いは避け、分割に。
後払いの額が多くなるようにすると安心ですね。

見積もり書は、リフォーム内容を確認、現場調査を行った日から一週間以内には仕上がります。
難しいものになると多少期間が伸びることがありますが、それでも二週間ほどです。
あなた自身で最高の業者さんを発見しましょう。