リフォームをお考えのあなたに

審査の内容と控除

審査で大切なことは?

リフォームローンの審査では、どういったものが見られているのでしょうか。
一般的な住宅ローンに比べ、リフォームローンの審査がゆるいと言われています。
ですが、全ての方が合格するわけではありません。
やはり、重視される項目というものは存在します。

詳細は申し込み先によって異なりますが、返済負担率で引っかかることが多いみたいです。
返済負担率には、他のローンやクレジットカードなども計算されるので気を付けてください。勤続年数が長いとプラスに評価されます。
他に年齢と、団体信用生命保険に加入できるかも重要なようです。

もし、最初に受けたところで落ちても、同条件で別のところは通ることが多々あるので、不合格でも諦めずに数を受けることが大切です。

知っておきたい

リフォームローンを利用するにあたり、条件によっては税金の控除を受けられる場合があります。
例えば、投資型減税、ローン型減税、住宅ローン減税などです。これらは所得税の控除が受けられるものとなります。
固定資産税も耐震や、バリアフリーを目的としたリフォームなら控除される場合があります。

それぞれ受けるのに必要な要件と額が違うので、自分のリフォームプランにあったものを選んでみてください。
控除にあわせた書類を揃える必要があるので、早めに調べて準備しておきましょう。
特に固定資産税の控除は、リフォームが終わって三か月以内の申告が条件です。

これらは自ら申し出ないと受領できませんので、忘れずに確かめておきたいところですね。